ケンカを売る相手を完全に間違えた酔っ払いがフルボッコにされてしまった・・・。

どうやら調子に乗りすぎてバーを追い出されたらしき酔っ払いが、上半身ハダカでゴツい男性にケンカを売っている。彼は挑発してくる酔っ払いを「やれやれ」といった感じであしらっている。

しかし、挑発に乗ってこない男性にしびれを切らした酔っ払いはファイティングポーズを取り、「かかってこいや!」とけん制。さすがに相手をせざるを得なくなった男性は、酔っ払いのパンチをさっとかわして重そうなパンチを顎に一閃! 一発KOさせてしまった。

ジョン・ヘルンホルムというこの男性、案の定バーのバウンサー(用心棒)のようだが、それ以前にアングラの総合格闘家でもあるらしい。いくら酔っ払っていても、あきらかに自分よりもガタイの良い相手にケンカを売るのはやめておいたほうがよさそうだ。