「青年座映画放送」HPより

写真拡大

 女優の高畑淳子が、10月の主演舞台『土佐堀川』のポスター撮影にマスコミを集め、息子・裕太の強姦疑惑騒動に関する報道に苦言を呈した。

 昨年8月26日に号泣謝罪会見を開いた淳子だが、以来、騒動について公式にコメントしたのは、この日が初めて。

 報道陣の取材に応じた淳子は、「事実でない報道をご修正にならないことに疑問を感じたりいたしております」と丁寧な口調で憤りを吐露。「(会見で)言えないことが多かったので、寝る前は架空の人たちに話してるんですが、余計に腹が立つ」「無かったことは無かったんだと。毎晩2時間くらい、心の中で“1人記者会見”をしています」と、裕太の無実を強調した。

 裕太といえば、昨年8月23日に強姦致傷容疑で逮捕されるも、女性側と示談が成立し、翌月9日に釈放。裕太側の弁護士は、「仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件」と念押ししたが、一部マスコミはその後も裕太の悪質性について報じ続けた。

「不起訴後に、複数の週刊誌が被害女性による告白を掲載。裕太側の言い分を真っ向から否定していた。女性は当時、裕太に頼まれて歯ブラシを届けると、強引にベッドに押し倒され、『咥えろ』と頭をつかまれた挙げ句、挿入されたと主張。さらに、女性が性行為を逃れるために『生理中』だとウソを付くと、『生理なら大丈夫だろ』と中出しされたことなども生々しく明かしていました」(芸能記者)

 今回、「事実でない報道」への不快感を露わにした淳子だが、具体的にどこが事実でないかについては、明かそうとしなかった。

「具体的には語らず、無実だけを訴えている淳子ですが、これでは世間が受け入れるはずもない。母として『裕太も被害者』との思いが強いのでしょうが、淳子の攻撃的な態度にネット上では『具体的に言えないなら、黙っていればいいのに』との声が相次いでいる。また、いまだに『無実ならなんで法廷で明らかにしなかったのか』と疑問の声も目立ちます」(同)

 騒動後はバラエティ番組への出演が激減し、一時は「このまま干されるのでは?」とも言われた淳子。だが実際は忙しい毎日を送っているという。

「最近は、深夜ドラマ『屋根裏の恋人』(フジテレビ系)や、放送中の武井咲主演『黒革の手帖』(テレビ朝日系)にレギュラー出演している敦子ですが、騒動中に主演した舞台『雪まろげ』も地方公演まで満員御礼状態。局側も面白がって一風変わった悪役を割り当てており、変わらず仕事のある現状が、淳子の自信を後押ししているのでしょう」(同)

 裕太を貶めるような報道に、ご立腹の様子の淳子。心の中で開かれる“1人記者会見”では、具体的なことに言及しているのだろうか?