3世代で同じ誕生日に(画像は『Today 2017年7月21日付「Parents shocked after baby born on same day as his dad - and his great-grandpa」(Connor and Jordyn Eppard)』のスクリーンショット)

写真拡大

親子4世代のうち3世代が同じ誕生日になる確率は33,000分の1だという。このほど米コロラド州で父と曾祖父が生まれた日に誕生した男児が話題になった。米メディア『ABC News』『Today』などが伝えている。

コロラド州リトルトンに暮らすコナー=ジェイムズ・エッパードさん(27歳)とジョーディンさん(26歳)の間に7月1日、2人目となる赤ちゃんが誕生した。

そのボーデン=マシュー=ジェイムズ君は、父や曽祖父ジェイムズ=エルマー・モリセットさん(86歳)と同じく“ジェイムズ”という名前をシェアしたただけでなく、誕生日も同じという偶然を持って生まれてきたのだ。

奇跡のシェアとなったボーデン君だが、実は出産予定日より17日も早かったという。ジョーディンさんが超音波検査を受けに行った時、ボーデン君の頭や肩、腹部が大きくなっていることを知らされたが、医師はさほど心配していなかった。しかしその日の夜、急に陣痛が起こった。

自然分娩を望んでいたジョーディンさんだが、ボーデン君が産道で詰まってしまったため帝王切開での出産となった。一家は6月29日に新しい家に引っ越したばかりでストレスも大きく、ボーデン君が予定日より早く生まれる可能性が高くなり「17日も早く生まれてくるなんて、もし健康面に何か問題があったらどうしよう」とジョーディンさんを不安にさせたが、ボーデン君は3941グラムで元気に誕生した。

午後2時頃、電話でひ孫の誕生を聞いた曽祖父のジェイムズさんは、すぐに病院へ駆けつけたそうだ。エッパードの姓を引き継ぐ4代目となったボーデン君の誕生に目を細ませながら「嬉しいの一言だね。孫のコナーが生まれた時は赤ちゃんのように泣いたけど、今回は泣かなかったよ」と笑顔で語り、「あと何回誕生日を祝うことができるかわからないけど、ひ孫と一緒に特別な日をこれからも祝っていくよ」と明かした。

コナーさんは「3世代にわたり誕生日が同じというのは凄いことと思います。私は祖父といい関係を築いていて、毎年誕生日を一緒に祝っています。これからは息子が参加できると思うと幸せですね」と話している。ちなみにコナーさんの父リックさんは12月9日生まれとのこと。そのリックさんももちろん、可愛い孫の誕生に大喜びしているそうだ。

画像は『Today 2017年7月21日付「Parents shocked after baby born on same day as his dad - and his great-grandpa」(Connor and Jordyn Eppard)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)