夏といえば、何を思い出しますか。

海やプールといったレジャーを思い出す人もいれば、スイカなどの食べ物から夏を感じる人もいるでしょう。

一方では、公園などで聞かれる「セミの鳴き声」に夏を感じるという人も!

※写真はイメージ

とはいえ、セミの鳴き声はなかなか強烈。「どうにもならない」と分かってはいても、耳障りだと感じる人も多いようです。

しかし、そんなセミの鳴き声を「どうにかしよう」と考える人もいるようで…もも(@momodog22)さんが市役所の職員から聞いたというエピソードに、さまざまなコメントが寄せられています。

市役所に「セミがうるさいから何とかしろ!」という苦情が入る。

この信じられないような苦情に、投稿者さんは「たった2週間ぐらい、存分に鳴かせてやれよ」と語ります。

が!!!

Twitterのコメントの中にも、市役所に苦情を入れる人と同じ考えの人がいるようで…。

セミは、うるさいだけで役に立たないセミは、キモイし、うるさいし、暑苦しい

なんだか悲しくなるような現実です。

もちろん、投稿者さん同様に「セミがいなくなったら真夏感がなくなる」と考える人からのコメントも多く寄せられました。

風情という言葉を日本人は忘れてしまったのでしょうか。セミは夏の風物詩なのに…。なんて心の狭い人たちだ。ちなみに関西ではクマゼミだといいますが、関東ではアブラゼミの鳴き声が夏らしさを運んで来ます。市役所にセミに関する苦情を出して、どうしてもらいたいのか…1匹残らず駆除しろとでも?

「自分が気に入らないこと」があると、すぐに苦情を入れ、改善させようとするクレーマーと呼ばれる人たち。

問題点を指摘し、改善をうながすこと自体は間違っていませんが、自分本位な主張だとすれば、単なるわがままです。

「そのうち市役所に夏が暑いから、どうにかしろという苦情が入る」という冗談のようなコメントもありました。「そんな人、いるわけない!」といい切れないところが、現代社会の怖いところなのかもしれません。

[文・構成/grape編集部]