ロボ太(@kaityo256)さんの息子さんは、小学校1年生。まだ九九を習っていません。

そんな息子さんに、お父さんはこんな問題を出します。

17×6=?

掛け算を知らない子どもには、かなりの難問です。

しかし、息子さんは次のように段階を踏むことで、しっかりと正解を導きました。

17+17=34

34+34+34=102

「17×6」は「17が6つある」と理解していて、まずは17と17を足して34。さらには34が3つあると考えて、102と答えたのです。

この時点でも、息子さんの算数レベルは小1のそれをはるかに超えています。

が!!!

次に出した「16×4=?」という問題の解答を聞いて、お父さんは驚愕することになったのです。

どのように答えを導き出したのかというと…。

68-4=64

一瞬、どうやって答えを出したのかが理解できません。

しかし、話を聞くと、次のように答えを導いていたことが分かりました。

前の計算で「17×4=68」ということを覚えていた。

それを利用して「16×4=(17-1)×4」と計算した。

図解すると、こうなります。

これを聞いたお父さんは「前の計算がキャッシュ(記憶)されていた」と驚愕!

小学1年生の計算方法に、ビックリした人はお父さんだけではなかったようです。

スゴい発想。きっと数字に対する感覚が優れたお子さんなんですね。この方法は想像できなかった。大人よりも柔軟な発想で計算してる。合理的で、確実な方法。お世辞抜きで数学者になるんじゃないのかな。

大人にとって「17×6」は掛け算の問題です。当然、その過程で「17×4」を計算することはありません。

しかし、九九を知らない息子さんは「17×6」の計算の過程で、「17×4=68」という答えを通過しています。だからこそ、「16×4」を問われた際に、「17×4=68」を利用できたのでしょう。

九九を知らないということをポジティブに利用した計算方法…多くのコメントにあったように、将来は本当に数学者になってしまうような逸材かもしれませんよ!

[文・構成/grape編集部]