カンタス航空は、ノリタケ製のカトラリーやグラスなどの新しいテーブルウェアを発表した。

新テーブルウェアは、オーストラリア人産業デザイナーで、カンタス航空のボーイング787型機の客室内装デザインチームを率いるDavid Caon氏がデザインした。

軽量で実用性の高く、ボーイング787型機の内装から着想を得たデザインの16種類の食器セット、5種類のステンレス製カトラリー、グラスなどをファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアム・エコノミークラスとカンタスラウンジなどで使用する。重量は約11%削減され、二酸化炭素排出量は年間53.5トン削減できる。12月15日のメルボルン発ロサンゼルス行きより導入される。

⇒詳細はこちら