にんにくがきいた甘辛だれで食べる /調理=藤野嘉子 撮影=千葉充

写真拡大

世のお母さんたちが、“子どものお昼ご飯どうしよう問題”に頭を悩ませる季節がやってまいりました。毎日のことですから、簡単でおいしいことが絶対条件。ご紹介する5つのメニューはすべて15分以内で完成するものばかりなので、この点は楽々クリア。洗い物の数が少ないのもうれしいポイントです。

ほかにも「どんぶり」レシピをチェック!

忙しいお母さんの家事の負担も軽減しつつ、子どもたちのお腹も大満足な丼レシピで、夏休みのお昼ご飯問題を乗り切って!

■ 【スタミナ照り焼き豚丼】

<材料>(2人分)

豚ロースとんカツ用肉2枚(約200g)、卵液(溶き卵2個分、砂糖小さじ1、塩少々)、水菜2株、にんにく2片、温かいご飯小どんぶり2杯分(約300g)、たれ(酒大さじ2、しょうゆ、みりん各大さじ1、砂糖小さじ1)、塩、小麦粉、サラダ油

<作り方>

(1) 水菜は3cm長さに切る。豚肉は3cm幅のそぎ切りにし、塩少々をふって小麦粉を薄くまぶす。

(2)フライパンに油大さじ1を中火で熱し、卵液の材料を混ぜて流し入れる。菜箸で大きく混ぜながら焼き、半熟になったら取り出す。

(3)フライパンをきれいにして油大さじ1/2、にんにくを入れて中火で熱する。こんがりと色づいたら豚肉を並べ入れ、途中上下を返しながら約5分焼く。たれの材料を混ぜて加え、からめる。器にご飯を盛り、豚肉をたれごと、2、水菜をのせる。

(765kcal、塩分2.5g、調理時間15分)

■ 【洋風親子丼】

野菜たっぷりの華やか丼も、10分で完成します。

(424kcal、塩分1.5g、調理時間10分)

■ 【ひき肉の麻婆カレー丼】

家にあるカレールウで作れる一品。ルうはおろし金ですりおろしながら加えると、溶けやすく、時短に。

(610kcal、塩分2g、調理時間15分)

■ 【レタスたっぷり中華丼】

しゃきしゃきレタスの甘みがおいしい。

(446kcal、塩分2.6g、調理時間10分)

■ 【もやしとちくわのあんかけ丼】

二大お役立ち食材、もやし&ちくわを使ったお財布にもやさしい丼です。

(372kcal、塩分3.3g、調理時間15分)