主にダンボールの梱包などに使う布ガムテープ。災害時には、患部を固定したり、メモ書きとして壁に貼ったりと、何かと重宝するという。万が一の事態に備えて持っておきたいところだが、かさばってしまうのが悩みどころだ。

 現在Twitter上では、そんな布ガムテープの難点の解決法が、注目を浴びている。

 その方法とは、布ガムテープの芯の部分を柔らかくなるまで押しつぶして取り除き、平らにして輪ゴムで束ねるというもの。このくらいのサイズなら、通常よりも持ち運びしやすい。警視庁警備部災害対策課直伝のお役立ちテクニックだ。

 Twitterユーザーからは「懐中電灯に巻き直していた」「プラスチックの板に巻いてバイクに積んでいた」というコメントが上がった。以前は何かに巻きつけていた人が多いようだが、今回の方法なら、準備がより手軽に行えるだろう。

 別のユーザーからは「週刊誌を患部にガムテープで固定すると、添え木代わりになる」「ガムテープとティッシュで絆創膏(ばんそうこう)も作れる」など災害時のガムテープ活用術が寄せられた。そんな活用法があったとは…!

 また、「輪ゴムで止めると、時間が経ったときにくっついてしまうので、ひもを使うといい」といったアドバイスも。工夫次第でさまざまな場面で活躍する布ガムテープ。非常用持出袋に入れておくと、きっと役に立つはずだ。

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら