花嫁花婿そろってインフルエンザでも式強行!客席にウイルスまきちらした結果…

写真拡大

 もし、自分の結婚式の直前にインフルエンザになってしまったら……?

 男女100人に「強行」か「延期」かのアンケートを筆者のTwitter上でとってみました。すると、「強行」52%「延期」48%という結果が出ました。

 小さな子供やお年寄りにとっては命の危険にもなりうるインフルエンザ。しかし、延期した場合、式場やホテルのキャンセル料などかなりの出費になるのも事実。悩ましい問題です。

◆子供をきっかけに夫・本人と次々とインフルエンザ感染

 中川晴子さん(仮名・32歳)は、地方での結婚式を3日後に控えた友人が、SNSで「子供が40℃の熱を出した」と投稿しているのを見かけ、大変気の毒に思ったと言います。

「友人は、再婚だったので2歳になる子供がいました。当時、インフルエンザが大流行している時期だったので、子供は結婚式を欠席させることにしたそうです」

 さらに、友人の不穏な書き込みは続きます。

「その次の日に『夫も高熱。絶対インフルエンザだ』という内容の投稿があって、さらに結婚式前日に『私も熱出てきたやばい』って……。当然、式は急遽中止になるものと思ってしました」

◆強行された結婚式。咳き込むたび、内心『マスクして!』

 しかし、友人から延期の知らせは届かず、新郎新婦がインフルエンザに感染したまま結婚式は強行。

 中川さんは「正直行きたくなかったです」と笑う。

 披露宴当日、具合の悪そうな新郎新婦が入場。出席者たちは皆ハラハラしていたそうです。

「2人とも歩くだけでやっとという感じでした。新郎は顔面蒼白だし、新婦はお化粧で顔色をカバーしているものの、いつもより浮腫(むく)んでいて目も充血していました。2人が咳き込むたびに、可哀想と思う反面『マスクして!』と思ってました(笑)」

◆やはり出た!感染してしまった参列者

 新郎新婦が終始ボンヤリした表情のまま、なんとか式は終了。

 数日後、回復した友人からお礼のメールが届いたので「しんどそうだったけど、大丈夫だった?」と聞いてみると、「夫も私も点滴打ってたから大丈夫!」と返信が。

「『うちの母と兄と従兄弟がやっぱりうつってた(笑)。母は予防接種受けてたから、そんなにひどくはないけど、兄が今倒れちゃってて(笑)。

 あと、旦那の姪っ子と、会社の上司も熱出して休んでるらしいから、もしかしたらインフルエンザかも!』って明るく言うんですよ。全然笑えませんよね」

 中川さんと一緒に参列した友人も感染。しかし、本人からは「やっぱり! ほんとにごめんね〜お大事に!」とメールがきただけだったとか。

「SNSで『インフルエンザでつらかったけど、式を無事終えることができました!』って写真をたくさんアップしているんですけど、参列者が感染してるのに一言も謝罪がないので、結構ひんしゅくを買ってますね。友人内ではこっそり“バイオテロ”って呼ばれてます(笑)

 病気だから仕方がないことですし、お互い様なんですけど、せめて自分たちで状況を説明して、事前に妊婦さんや新生児のいる人に注意を呼び掛けるなどの対策をして欲しかったですね。まあ、2人とも高熱でそれどころじゃなかったのかもしれませんが……」と、中川さん。

 ウィルスをまき散らすか、数百万のキャンセル料を払うか。あなたなら、どうする?

―闇系結婚式エピソード― vol.10

<TEXT/藍川じゅん イラスト/鈴木詩子>

【藍川じゅん】ハンドルネームは永田王。高収入求人サイトにてコラムを連載中。女性用リラクゼーションを求めて徘徊しています。