アンミカ

写真拡大

 モデルのアンミカが24日、フジテレビ系「バイキング」で、米国でのテレビショッピング実現を掲げていると言われる女優・松居一代について言及。アンミカ自身も通販番組に出演している経験から「今の情熱を全部アメリカのテレビショッピングにぶつけてほしい」とエールを送った。

 番組では冒頭から連日SNSを更新する松居一代の話題について議論。その中で、松居が米国のテレビショッピング進出を狙っているという話題にも触れた。

 これを聞いたアンミカは「私もやりたかったのに」と、松居の先見の明にちょっぴり嫉妬。そして「このエキセントリックな表現力を持っている人、負けん気の強さと、分かりやすい成功したいという野望のある人はチャンスやと思います」と、松居の人柄から、米国での成功のチャンスはあると推察。

 更に、松居は「マツイ棒」と呼ばれるお掃除グッズなどを開発していることから「向こうはお掃除もんはよく売れる」「彼女は(販売主体は)家事ものでしょ?よっぽど良い物を彼女が特許を持ってやれば、当たれば大きい」とも話し「今の情熱を全部米国のテレビショッピングにぶつけてほしい」と、日本の芸能界に怒りをぶつけるのではなく、そのパワーを米国での成功にぶつけてほしいと訴えた。

 アンミカ自身もテレビの通販番組で、プロデュースした洋服や、ファッション関連のグッズなどを紹介しているが、MCの坂上忍は「聞いたけど、アンミカがテレビショッピングやると、日に5億動くって」と驚くと、アンミカも否定せず頭を下げ、スタジオも騒然。「5億動かしてんだよ」と坂上が重ねて言うと、ブラックマヨネーズの小杉竜一が「ポスト松居一代さんですね」とポツリ。アンミカは「私は平和主義。旦那を愛しております」と“ポスト松居”の称号を丁寧に返上していた。