「コード・ブルー」撮影現場での姿を公開した比嘉愛未(C)Ameba

写真拡大

 女優の比嘉愛未(31)が24日、自身のアメブロブログとインスタグラムを更新。出演しているフジテレビ“月9”「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(月曜後9・00)の撮影後の様子を公開した。

 セカンド・シーズンから7年ぶりで、主演の山下智久(32)、新垣結衣(29)、戸田恵梨香(28)、浅利陽介(29)らレギュラー出演陣が再々結集。初回の平均視聴率は16・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、昨年以降苦戦続きだった同局の看板ドラマ枠“月9”復活に向け、15%を超える好発進となった。

 比嘉はフライトナースのエース、冴島はるかを熱演。この日更新したブログでは青色の手術着を着用したまま横になる姿を披露し「事件現場…ではありません。手術シーン後の私です(笑)」と記した。

 過酷なシーンも多い同作だが「みんな根気と体力をフル活動して撮影に挑んでいます」と現場の様子をつづってから「そんなコードブルー。今夜第2話放送です。ぜひご覧くださいませ」とファンへメッセージを送った。