【読者アンケート】「『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?」結果発表─なぞの病にかかって休んだ人の割合は…!?

写真拡大

素早い移動が可能な「イカ」と、様々なブキを使いこなす「ヒト」の姿を使い分け、フィールドをインクで塗り合うナワバリバトルを4vs4で繰り広げる『スプラトゥーン2』。人気対戦アクションの最新作が、先週の7月21日に発売を迎えました。

購入した方のほとんどは、一刻も早くプレイしたかったはず。しかし、発売したのは金曜日。平日なので、社会人の多くは仕事のため会社に行かねばなりませんし、夏休みでも部活などで学校に足を運んだ学生さんもいたことでしょう。その反面、あらかじめ申請して堂々と「スプラトゥーン2休暇」を獲得した人や、なぜか突然病気になってしまい休んだ方もいるのでは……とインサイド編集部は考え、先日アンケートを行いました。

「『スプラトゥーン2』休暇を取りましたか?」という質問に、「会社/学校に休暇届を申請しました」「なぞの病にかかり仕方なく休みました」「会社/学校が終わるまで我慢」という3つの選択を用意。その結果、506人の方々にご回答いただきました。ご協力、ありがとうございます!

【『スプラトゥーン2』休暇を取りましたか?】結果発表
・会社/学校に休暇届を申請しました。:151 (29.8%)
・なぞの病にかかり仕方なく休みました。:67 (13.2%)
・会社/学校が終わるまで我慢。:288 (56.9%)
最も多かった回答は、全体の56.9%を占めた「会社/学校が終わるまで我慢」。過半数の方が、プレイ意欲をグッと押さえて仕事や学生の本分に勤しみました。家に帰れば『スプラトゥーン2』が待っているという状況は、もどかしい面があるものの、一日を乗り切るモチベーションになったのかもしれません。

続いて多かったのは、「会社/学校に休暇届を申請しました」(29.8%)。必要な手続きを踏まえておけば、気兼ねなく休めてプレイに没頭できるのは間違いなし。また、人気作の続編なのでクオリティ面で心配が少ない点も、休暇届の申請を後押ししたことでしょう。

そして、「なぞの病にかかり仕方なく休みました」が13.2%。最も少ないとはいえ、1割以上の方が、『スプラトゥーン2』発売と同時に、なぜか急に体調を崩して休まざるを得ない状況になった模様です。原因はまったく推察できませんが、病気ならば休んでしまうのも仕方のない事態と言えるでしょう。きっとおそらく多分、この理由で休んだ方の大半は既に回復されていることと思いますが、どうぞご自愛ください。

『スプラトゥーン2』は好評発売中。価格は、5,980円(税抜)です。

(C)2017 Nintendo

■関連リンク
スプラトゥーン2 公式サイト