『MMR−マガジンミステリー調査班(1)』(講談社)

写真拡大

「話は聞かせてもらった! 人類は滅亡する!!」

 皆さんは『MMR マガジンミステリー調査班』という作品をご存じでしょうか? 1990年代に連載されていた「週刊少年マガジン」(講談社)の編集部スタッフがガチンコで「UFO」「超能力」「幽霊」「ノストラダムスの大予言」等のオカルティックなテーマを調査するルポルタージュ漫画です。ネットでよくネタにされているため、リアルタイムで読んでなくても名前ぐらいは知っている人も多いことでしょう。

 特にノストラダムスの「1999年人類滅亡説」を作品中で何度も唱えて煽りまくり、99年を迎えようとする当時のマガジン読者たちを恐怖のドン底に陥れたのは今でも語り草となっています。

 北朝鮮のミサイル、イスラム国によるテロなど、世界中で新たな脅威が生まれている今、あらためてMMRとはなんだったのかを再評価し、さらにひっそり復活していた2000年以降の新MMRについてもご紹介したいと思います。

 MMRとはマガジンミステリー調査班(マガジン・ミステリー・ルポルタージュ)のことで、マガジン編集部内でメンバーが結成されており、隊長のキバヤシ、副隊長のナワヤ、タナカ、イケダ、トマルという5人が主要メンバーです。

 彼らが、読者の投稿してくる数々の不思議体験を取材して解明するというのがそもそものコンセプトでしたが、次第にノストラダムスの大予言として知られる「1999年7の月、天より恐怖の大王が現れ、アンゴルモアの大王を蘇らせる……」という有名な一節がクローズアップされ始めると状況が一変。

 MMRのリーダー・キバヤシが「そうか! わかったぞ!!」「オレの推測が正しければ…」とトンデモ仮説をブチ上げ、人類が滅亡するだの日本が沈没するだのと大騒ぎ。それを聞いたほかのメンバーが「な、なんだってー!?」と顔面蒼白になり右往左往する……というのが、ほぼ毎回のお約束の展開です。

 というわけで、MMRのその華麗なる右往左往……もとい、活躍の遍歴を時系列でご紹介しましょう。


【初期】

 最初にMMRが目をつけたのはUFOの存在。とりわけ、宇宙人によって作られたとされるミステリーサークルの解明にご執心となります。しかし、読者の反響がそれほどでもなかったのか、その後はより怪しげな超能力、霊能力の分野に進出。

 超能力者・清田益章氏に接触して念写やスプーン曲げをやってみたり、霊媒師・宜保愛子氏(故人)に取材して、臨死体験や幽体離脱の話を聞くなど、実在する有名人への取材を織り交ぜながらリアリティを出していきます。この頃はまだ、それほど地球滅亡のオンパレードではなく、オカルト解明漫画といった趣でした。


【中期】

 ある日、メンバーのタナカが持ち込んだ、ノストラダムスの大予言ネタ。これが読者にウケるとみるや、一気にシフトチェンジ。MMRといえばノストラダムスの大予言、というぐらいのキラーコンテンツとなります。

 興味のない人からすると、単なる昔のオッサンの戯言にしか見えないノストラダムスの大予言ですが、MMRメンバーはなぜか異常なぐらいに妄信し始めます。

「ムー大陸」「グランドクロス」「風水術」「狂牛病」「ポールシフト」「電磁波」などなど……世界中のありとあらゆる、地球滅亡につながりそうなネタを探してきては、「これは、ノストラダムスの詩の◯章◯番のことだ!」と強引な解釈を行い、「やっぱり1999年に人類は滅亡する!」と、メンバー全員がラストシーンでガビーンとなるパターンを確立。

 さらには、もう一つの預言書、「ヨハネの黙示録」まで持ち出してきてダメ押し。完全に99年人類滅亡が確定路線になります。


【後期】

 迫り来る99年に、まだなんら回避策が見つかっていないMMRメンバーたちに、明らかに焦りが見え始めます。

「遺伝子組み換え」「2000年問題」「環境ホルモン」「f分の1ゆらぎ」等々、どう考えても無理がありそうなものも、全部人類滅亡説へ関連づけようとする怒涛の攻勢。そんな状況で生まれたキバヤシ隊長の名言が、こちら。

「オレにだって…わからないことぐらい…ある」

 というか、これ以外の謎はほとんどはわかってたんだ!? と逆に驚かされるセリフでした。

 そして、ついに訪れた99年……結局、何も起きませんでした。

 キバヤシ隊長の疲労によるダウンや謎の組織の妨害もあり、そのままMMRは解散となるのですが……

「これからは一人一人で闘っていくんだ!!」

 最終巻では、思いっきり予言を外してるくせになんら悪びれることなく、とっても前向きな感じでエンディングを迎えます。「一人で闘え!」って、急に無責任ですよね。


■2000年以降の新MMR

 1999年人類滅亡の予言が見事に外れて解散したはずのMMRが2014年、『新世紀黙示録MMR Resurrection』として復活。初の女性隊員ハシモトも参加し、フレッシュな顔ぶれの新作です。

 しかし、99年に人類滅亡がアレだったのはどうオトシマエをつけてくれるのか、復活後のキバヤシ隊長の第一声に注目したいところです。すると、なんと……

「ノストラダムスは1999年に世界が滅びるとは言っていない!!」
「な……なんだってー!?」

 まさかの開き直り。隊長自ら、今までの活動全否定に等しい衝撃発言に、メンバーもそりゃ「なんだってー!?」ってなりますよね。

 さらに、追い打ちをかけるようにキバヤシ隊長の解説ですよ。

「1999年こそ、真の恐怖のタネが生まれた年だったんだよ!!」

「恐怖のタネ」って。そんなこと言ったら、なんでも当てはまっちゃうだろ……。結局、復活版MMRの結論としては、「メタンハイドレート」がなんやかんやで危ない! という内容でした。

 ちなみにこの単行本には、08年にマガジンに掲載された『新世紀MMR』という作品も収録されており、こちらはなんとMMRのメンバー総入れ替えの設定になっています。新リーダーはヨネムラという編集者で、キバヤシ同様の押しの強さで、「古細菌アーキア」によって12年12月22日に世界が終わる説を主張。まあ、12年も特に人類は滅亡しなかったわけですが。


■『新生MMR迫りくる人類滅亡3大危機!!』

 こちらは16年に発売されたばかりの最新の単行本で、12年以降のMMRの活動エピソードが収録されています。

 キバヤシが充電期間中に世界中を旅して回った際、インドで出会った友人・チャンドラ。その彼が突然キバヤシ宛に意味ありげな小包を送ってきました。そこに入っていたヒンディー語の手紙を見て、すさかずノストラダムスの予言詩であることを感じ取るキバヤシ。相変わらず敏感なレーダーがついています。

 MMRメンバーでチャンドラの送ってきたメッセージを、あれやこれや解読し始めます。友人だったらもっとわかりやすい手紙を送ってこいよ、という突っ込みは、この漫画では無用です。

 そして、ついにキバヤシがお約束でこのセリフです。

「そうか、そういうことだったのか…わかったぞ!! 2020年人類破局の真実が…!!」

 えー! いきなり2020年に人類が破局する前提!?

 というわけで、20年に濃縮ウランを積んだ人工衛星とスペースデブリが衝突して、地球全体が放射能汚染され、死の星となるというのが新たなキバヤシ説でした。

 そのほかにも海底火山が噴火して地球大凶変が起こるとか、人工知能がディープラーニングしてナノテクノロジーで襲ってくるとか、今どきのIT用語も取り入れつつ、相変わらず読者をビビらせまくってくる内容となっております。

 そんなこんなで、99年、12年と、すでに2回予言を外しているMMR。果たして3度目の正直で、20年の人類破局は本当に当たるのか? ガチなのかギャグなのか、MMRの真の存在意義は今から3年後、東京オリンピックの頃にわかるのかもしれません。
(文=「BLACK徒然草」管理人 じゃまおくん)