公開されたばかりの実写版『銀魂』など、さまざまな作品に出演する俳優の佐藤二朗(@actor_satojiro)さん。

Twitterでは、息子さんとのやりとりを公開し、多くの人の笑いを誘っています。

そんな佐藤さんが珍しく強い口調で、息子さんにいい聞かせるようなツイートをして注目を集めています。

だとしてもダメだ!

一体、何がダメなのでしょうか。

妻のいい間違いを真に受けて?

ある日、学校の宿題について、妻が息子さんにこう伝えようとします。

※写真はイメージ

妻「宿題やらないとオヤツ食べさせないよ」

お母さんが子どもにいうセリフの定番ともいうべき言葉。

しかし!!!

妻はうっかり、こういい間違えてしまいました。

※写真はイメージ

妻「宿題食べないとオヤツあげないよ」

完全な間違い!!!

しかし、息子さんはこの言葉を真に受けてしまい…なんと宿題の紙をカジッてしまったのです。

これに対し、佐藤さんはひと言。

だとしてもダメだ。

だとしても息子よ。

このやりとりに、さまざまなコメントが寄せられます。

ステキな家族ですね。憧れます。息子さん、可愛い。信じちゃいますよね。お母さんも慌てていたのかな。読んでいるだけで笑顔になれます。

大人同士であれば、「多分こういいたいのだろう」と推測できますが、子どもはとても純粋。大好きなお母さんのいうことだからこそ、信じてしまったのでしょう。

ちょっと可哀想ですが、「大人も間違える」という当たり前のことを学ぶ、いい機会だったのかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]