「コード・ブルー」手術シーン後の比嘉愛未

写真拡大

女優の比嘉愛未(31歳)が7月24日、公式ブログとInstagramを同時に更新し、出演中の連続ドラマ「コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)の手術シーン後の様子を明かした。

同作は2008年7月にスタートし、翌2009年1月にスペシャル放送、2010年1月に2ndシーズンが放送された人気ドラマの最新シリーズ。“ドクターヘリ”に乗り込むフライトドクターを目指し、若い医師たちが真摯に命と向き合う姿を描いた作品だ。俳優の山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介らが、救急救命の最前線で活躍する一人前の医師・看護師を演じる。

この日更新されたSNSでは「事件現場…ではありません。手術シーン後の私ですw」と、手術着を着たまま横になる比嘉の姿を公開。

過酷なシーンも多い同作について「みんな根気と体力をフル活動して撮影に挑んでいます」と現場の様子をつづり、「そんなコードブルー 今夜第2話放送です ぜひご覧下さいませ」とファンへメッセージを送った。

ファンからは「七年前と全く変わってなくて綺麗すぎてやばいです!」「気張れ〜」「お身体ご自愛くださいね。」「昼からテンション上がります!!」「可愛いです!!」「今日楽しみです!!撮影頑張ってください♪」などのコメントが寄せられている。