台北ユニバ開閉会式、水の持ち込みは「ダメ」=来月19日に開幕/台湾

写真拡大

(台北 24日 中央社)ユニバーシアード台北大会は来月19日に開幕する。同19日の開会式、同30日の閉会式は安全対策のため、銃やハサミ、自撮り棒などに加え、水などの液体の持ち込みが禁止される。試合観戦時の水持ち込みは可能。運営側は、理解と協力を呼び掛けている。

治安維持を担当する維安処の黄嵩シン処長によれば、開閉会式における液体の持ち込み禁止は保安検査をスムーズに行うため。期間中、各会場の出入口では安全検査が実施される。(シン=深のさんずいを王に)

開閉会式では空のペットボトルの持ち込みは可能。館内に設置されている冷水機を使用できる。

各競技の試合の際は水が持ち込めるが、危険性のある液体でないか調べるため、保安検査時に実際に一口飲むよう要求される。

国旗は縦1メートル、横2メートル以内に限定される。

黄処長は、爆発物の発見やテロの発生などの場合には慌てず、警察の指示に従うよう注意を喚起した。

(朱則イ/編集:名切千絵)