木村拓哉(44)が、まさかの裏切りに狼狽している。俳優として頭打ちの今、新天地に選んだバラエティー進出が一向に進展しないのだ。焦っている理由は、元SMAPメンバー稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人がジャニーズ事務所から独立する一方、中居正広のみが残留を表明したからだ。
 「木村は誰よりも早く残留を表明したことによってジャニーズ幹部の座を手にしたと言われていたんです。ところが、ここにきて状況が一変。事務所を飛び出すと見られていた中居が残留を表明したことで、木村と立場が同等、いやそれ以上になったんです。木村にとっては、まさに想定外のことだった」(芸能事情通)

 そもそも、中居の年間売り上げ額はCMなど諸々含めると20億円以上にもなる。対して木村といえば1億円にも達していないという。
 「企業倫理から見ても、どちらを優遇するかは火を見るよりも明らかです。木村が売り上げを伸ばさない限り、幹部の道はないんです」(芸能プロ関係者)

 そんな木村が頼ったのが、高校の元同級生で今やバラエティー界の中心的存在であるマツコ・デラックス。
 「4月に、『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系)で、悲願だったマツコと初となる共演を実現させた。木村のはしゃぎぶりはハンパじゃなく、“自宅に遊びに来て!”と言い、次回の共演まで番組で約束していたんです」(テレビ関係者)

 ところが、待てど暮らせどマツコサイドからのリアクションはゼロ。新バラエティー番組の立ち上げはおろか、『夜の巷を徘徊する』のオファーもないという。
 「業を煮やした木村は、自らマツコにラインで連絡を取ったそうです。でも、マツコからの返信は一切なかった。簡単ですよ。今さら負け組に転じた木村と組むことに利がないから。木村は、そもそもバラエティーには向いていないからです」(前出・芸能プロ関係者)

 そんな木村だが、バラエティー番組のギャラはいまだに強気の150万円〜。まずはお値段を下げることから始めるべきでは?