ライドデザインイメージ

写真拡大

としまえんでは、9月30日(土)に電車型ライド「チャレンジトレイン」をオープンする。

【写真を見る】電車型ライド「チャレンジトレイン」(イメージ)

このライドは、西武鉄道の車両を模したミニ電車で全長180mのコースを周回するもの。電車には通称マスコンと呼ばれるマスター・コントローラーやブレーキハンドルが設置されており、自分で操作し運転することができる。コースには踏切や駅、鉄橋などの造形が並び、本物の電車の運転士になった気分で楽しめる。マスコンは加速とブレーキが1本で操作できる「ワンハンドル・マスコン」と、加速とブレーキを別に操作する「ツーハンドル・マスコン」の2パターンから選ぶことができる。

車両デザインは西武線で人気の車両を再現した4種類。2017年3月にデビューした新型通勤車両40000系をはじめ、“スマイルトレイン”の愛称で人気の30000系、アルミボディや回生ブレーキの採用で省エネルギー化を実現した20000系、黄色いボディカラーでおなじみの2000系をかわいくデフォルメ。としまえんならではのデザインとなっている。

子供から大人まで、電車好きにおすすめのライドアトラクションが登場。電車の運転士の夢をぜひ体験してみて。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】