イタリア代表のフェデリコ・ベルナルデスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスは、フィオレンティーノに所属するイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキの獲得に迫りつつあるようだ。伊メディア『スカイ・スポーツ』が23日付で伝えている。

 報道によれば、ベルナルデスキはすでに23日夜にユーベの本拠地トリノに到着したとのことだ。24日朝にはメディカルチェックを受け、問題がなければ正式に5年契約を交わすことが見込まれている。

 ベルナルデスキのユーベでの年俸は400万ユーロ(約5億1800万円)になるとのこと。フィオレンティーナには移籍金4000万ユーロ(約51億8000万円)が支払われるのに加え、将来的にベルナルデスキが他クラブへ移籍する際の移籍金の10%が支払われる形で合意したとみられている。

 ユーベのMFクラウディオ・マルキージオは22日の時点で、「ベルナルデスキ、ユベントスにようこそ」とツイートし、イタリア代表チームメートの加入を“発表”していた。ユーベでは空き番号となっていた伝統の背番号10を与えられるのではないかとの見方もある。

 フィオレンティーナからユーベへの移籍は、かつてロベルト・バッジョ氏の移籍が大きな騒動を巻き起こして以来“禁断の移籍”となっている。フィオレンティーナの生え抜きでありチームの象徴的存在となることを期待されていたベルナルデスキの移籍も、ファンの強い反発を生むことが予想されている。

text by 編集部