パウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスのイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニは、チームメートのFWパウロ・ディバラについて、バルセロナのFWネイマールと並ぶ域にはまだ達していないという考えを述べた。イタリア『プレミアム・スポルト』でコメントしている。

 ネイマールはここのところ、パリ・サンジェルマンへの移籍に近づいているとして大きな騒ぎを引き起こしている。ネイマールを放出することになったとすれば、バルサは以前にも関心を抱いていたディバラの獲得に動くのではないかという見方もある。

 だがキエッリーニは、バルサにとってディバラの獲得がそのままネイマールの穴埋めになるとは考えていないようだ。現地時間22日に米国で行われたインターナショナルチャンピオンズカップの試合でバルサに敗れたあと、両者についての評価を口にした。

「パウロのことは誰もが非常に高く評価している。だがそれを十分に踏まえた上でも、彼にはまだネイマールほどの価値はない。これは去年にも言っていたことだ」とキエッリーニは語る。

「ネイマールは(リオネル・)メッシやクリスティアーノ・ロナウドのようなレベルにある。彼らのバロンドールの後継者となることが定められた選手だ」とキエッリーニは続け、ネイマールが世界最高の選手の座に到達するという考えを述べている。

text by 編集部