パキスタン北西部バンヌに住むガルザール・カーンさんと子どもたち(2017年5月20日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】19年ぶりとなる急激な人口増加を経験しているパキスタン。それに一役買っているのが、合わせて100人近い子どもを持つ3人の男性だ。

 ガルザール・カーン(Gulzar Khan)さん(57)は3人の妻との間に36人の子どもがいる。カーンさんの15人のきょうだいの一人、マスタン・カーン・ワジル(Mastan Khan Wazir)さん(70)には3人の妻との間に22人の子どもがいる。孫はあまりに多く数えることができないという。ヤン・モハメド(Jan Mohammed)さんは3人の妻との間に38人の子どもがいる。パキスタンで一夫多妻制は合法だが珍しい。

 世界銀行(World Bank)とパキスタン政府の統計によれば、同国の出生率は南アジアの中で最も高く、女性1人が3人前後を産む。人口の増加傾向も維持される見通しだ。

【翻訳編集】AFPBB News