カリフォルニア州サンディエゴで開催したコミコンのマーベルのイベントにて、映画『アントマン』の次回作『Ant-Man and the Wasp』(原題)にミシェル・ファイファーとローレンス・フィッシュバーンが出演することが明らかにされた。

ミシェル・ファイファーが演じるのは、マイケル・ダグラスが演じるハンク・ピム博士の妻で、エヴァンジェリン・リリーが演じるホープの母親ジャネット・ヴァン・ダイン。このジャネットはコミックでは、初代ワスプにしてアベンジャーズの設立メンバーという役どころ。前作の『アントマン』では、ピム博士が任務中に亡くなった妻の死を悲しんでいるという設定だった。次回作ではどのようなキャラクターとして登場するのか注目される。

ローレンス・フィッシュバーンが演じるのは、ピム博士の同僚科学者にして、その後自身もスーパーヒーローのブラック・ゴライアスになり、そしてピムからジャイアントマンを受け継ぐとうビル・フォスターというキャラクター。また、ゴーストと呼ばれる悪役キャラクターも登場することが明らかになった。このキャラクターはマスクを脱いだ姿を誰も見たことがないという、謎に包まれた設定とのこと。

どんどん広がって行くマーベル・ワールド。公開が待ち遠しい。

映画『アントマン』に起用されたミシェル・ファイファー (c)ImageCollect