李昊桐【写真:Getty Images】

写真拡大

スピースは初の全英制覇で、史上2番目の若さでメジャー三冠を達成

 海外男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープンは現地時間23日に最終日を迎え、世界ランキング2位の松山英樹(レクサス)は「72」とスコアを落とし、通算2アンダーで14位タイに終わった。英公共放送「BBC」は、初日から抜群の安定感を見せて優勝したジョーダン・スピース(米国)のコメントを紹介。さらに、最終日の猛チャージで3位タイに入った中国人若手ゴルファーにも注目している。

 最終日の松山は、1番パー4のティーショットがまさかのOB。このホールをトリプルボギーという痛恨のスタートとなった。残り17ホールでは3バーディー、2ボギーと意地を見せたものの、スコアを伸ばすことはできなかった。

一方で、優勝を勝ち獲ったスピースは、前半の9ホールで4ボギーを叩きながらも、終盤の5ホールで3バーディー、1イーグルの離れ業をやってのけ、マット・クーチャー(米国)とのデッドヒートを制した。

 27日に24歳の誕生日を迎えるスピースにとって、2015年のマスターズ、全米オープンに続いてメジャー通算3勝目。23歳361日でのメジャー3冠は、タイガー・ウッズの24歳を抜いて、“帝王”ジャック・ニクラス氏に次ぐ史上2番目となる若さでの快挙だ。

最終日に7バーディーを奪った李昊桐、BBCも驚きを持って報じる

 記事によれば、スピースは「これは間違いなく“ドリーム・カム・トゥルー”だよ。ザック・ジョンソンが2年前に優勝した時、僕はクラレット・ジャグからのワインを飲んだ。そして、人々はツイてなかったね、と言っていたからね。今日は9ホールを終えた後も信じていたんだ」と4位タイに終わった2015年大会での悔しさを晴らしたことを喜んだという。

 また、同局は4位タイに終わった地元のロリー・マキロイ(英国)らとともに、この日7バーディーの猛チャージをかけた21歳の中国人ゴルファー、李昊桐についても言及。「決勝ラウンドで今大会最少のスコアとなる63をマークし、通算6アンダーの3位まで上昇した」と驚きを持って伝えている。

 近年のゴルフ界を背負って立つスピースの優勝、松山が孤軍奮闘していた感のあるアジア勢で、“新星”となる李昊桐の台頭。地元メディアにも、男子ゴルフ界の競争が激しさを増していることを象徴する大会と映ったようだ。