画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●旅行スタイルの変化が生んだ特徴的な宿泊施設

カプセルホテルにどういうイメージをお持ちだろうか? 多くの方が「低価格で済む」「寝るためだけに利用する」「ほかが満室のときの急場しのぎ」といった印象を持っているのではないか。そして「オジサンくさい」というイメージもつきまとう。

そんなイメージとは無縁ともいえるカプセルホテルが、京都府・河原町三条に開業した。「The Millennials」(ザ・ミレニアルズ)と名づけられたこのホテルの特徴は、共用スペースを広くとっていること。ホテルを企画・運営するグローバルエージェンツ 代表取締役社長 山崎剛氏によると、ホテル施設の約20%が共用スペースだという。一般的なカプセルホテルは宿泊客数を増やすため、ロビーなどは最小限のスペースになっていることが多い。それとは真逆のコンセプトだといえる。

では、なぜ共用スペースを広くとったのか。山崎氏は「旅行のスタイルが変化していることが前提にある」と前置きした。どういうことかというと、これまでは旅行代理店が主導して、旅行客にホテルなどの宿泊施設を紹介するのが一般的だった。つまり、“旅行代理店”が好むつくりに宿泊施設は開発されてきた。

○名称のとおりミレニアル世代がターゲット

だが近年は、ネットによる予約はもちろん、SNSなどで個人が情報を入手できる。いい換えると、旅行客一人ひとりが、宿泊施設にリーチでき、逆に宿泊施設側も旅行客に直接訴求できる。山崎氏は「こうした旅行スタイルが普及したことで、特徴的な宿泊施設が生まれやすい土壌になっている」と指摘する。「FIT(Foreign Independent Tourist/外国個人旅行者)をいかに取り込めるかがカギ」(山崎氏)という。

ザ・ミレニアルズというホテルの名称からも、その意味合いが伝わってくる。「ミレニアル」とは、1980〜1990年代に生まれ、2000年以降に20歳になる世代のことで、“世紀”を表す「ミレニアム」にかかっている。米国ではミレニアル世代が多く、今後の消費の中心になるといわれている。当然、こうした世代はスマホなどのIT機器操作に長け、旅行先の情報入手にこれらを活用する。

●カプセルホテルとは一線を画す

前置きが長くなったが、ホテルの施設をチェックしてみよう。共用スペースについてはあとにするとして、まずは気になる寝室から。

寝室をひと目みて、「これまでのカプセルホテルとはだいぶんに異なるな」というのが正直な感想だった。一般的なカプセルホテルは、その名のとおりカプセルが並び、しかもカプセルが2階建てになっていることが多く、天井が低いので立つことはできない。

だが、ザ・ミレニアルズでは各寝室が壁で仕切られている仕様で1階建て。天井高2.3mと、十分に立って着替えられる高さを確保している。これはもはやカプセルとは別物で、グローバルエージェンツによると「スマートポッド」と呼称しているそうだ。

ベッドも幅120cmのセミダブル仕様で、同社によると米国シェア1位のSerta(サータ)製ポケットコイルマットレスを採用したという。実はこのベッドには仕掛けがある。電動で背もたれがチルトアップ・ダウンするのでベッドとしてもソファとしても利用可能。室内で立てると先述したが、ソファ型にしたときにそのスペースが生じる仕組みだ。ユニークなのは、このベッドのリクライニングを使ったアラーム機能を有していること。設定した時間になるとソファ型に変形するので、いわば“強制的アラーム”といえる存在だ。マクラも硬さが異なる2種類が用意され、好みのものを使用できる。

○ターゲットを意識した寝室のディテール

寝室にはミレニアル世代を意識した点がいくつか見受けられた。まず、コンセントだが、ベッドの横に4口、上部のラック横に2口、計6口も用意されている。デジタルデバイスを複数活用するユーザーにはありがたい仕様だろう。

また、チェックイン時にフロントからわたされるスマホもこの世代を意識したものといえる。このスマホのアプリにより、前出のベッドのリクライニングや照明コントロール、アラームの設定が行える。ビジネスホテルなどでは、こうした操作はベッドに組み込まれたコントロールパネルで行うことが多いが、手元のスマホで済むという寸法だ。

スマートポッドでは、引き下げ式のカーテンを閉めることでプライベートな空間を生み出すが、ここにも工夫がある。一部の寝室の天井にはプロジェクターがつり下げられており、このカーテンに80インチクラスの映像を投影できる。全室テレビは用意されていないが、ネット動画を楽しみたいというユーザーニーズに応える。テレビではなくネット動画というところに、ミレニアル世代を意識した感がうかがえる。

●寝る時間まで共用スペースでくつろぐ

共用スペースをチェックしてみよう。ビル最上階の9Fすべてが共用スペースになっており、ここを宿泊者が利用できる。フロアには数脚のソファが設置され、ユーザーがくつろげるようになっている。窓側にはダイニングテーブルが置かれ、食事を摂ることが可能。その横にはIHコンロ式のキッチンや電子レンジ、冷蔵庫、コーヒーメーカーを用意、調理をすることもOKだ。

山崎氏は「15〜16時くらいにチェックインしてもらい、この共用スペースでゆっくり過ごしてもらいたい。そして寝る時間になったら各室で休んでもらうというのがコンセプト」と話す。一般的なカプセルホテルの場合、チェックインまでは外出しているのが普通。そしてチェックインしたら、真っ先に寝てしまうというユーザーが多いだろう。ところが、同ホテルでは、共用スペースでゆったり時間を過ごせ、ほかの宿泊客とのコミュニケーションも可能だ。

○ホテルとコワーキングスペースのコラボ

と、ここまでは共用スペースが広い単なるホテルということになる。特徴的なのは、この共用スペースに“シーズ”段階のベンチャーに最適な「コワーキングスペース」が併設されていることだ。周囲を気にせず通話ができる個室があったり、契約者に届いた郵便物を受け取るポストがあったりと、オフィスとして活用できる。

山崎氏は「ホテルのロビーで仕事をしている人をよく見かけるが、実はこうした光景がホテルのイメージを損ねることはない」と、オフィスデスクを共用スペースに設置したきっかけを語る。

また、「コワーキングスペース併設のホテルは世界初ではないか。ホテルとオフィス機能のハイブリッドによる価値を創造したい」(山崎氏)とした。

たとえばその価値とは、「ワーク→昼寝→ワーク→休憩→ワーク→ビール」といったスタイルだ。「なぜ最後にビール!?」と思ったが、実はこの共用スペースには、特定の時間に無料で利用できるビールサーバーが設置されている。筆者も“ザ・ミレニアルズ取材”というひと仕事を終え、この無料ビールをグィッとあおったことは、いうまでもない。