小栗旬さん主演による大人気漫画の実写映画『銀魂』のdTVプロジェクト『銀魂-ミツバ篇-』に出演した吉沢亮さん×北乃きいさんによる単独インタビュー後半戦!

普段はドSですが、姉ミツバ(北乃さん)の前ではすっかり素直な弟になる沖田総悟(吉沢さん)の兄弟愛を描いた物語。

前半では、人気作品の実写化にまつわるプレッシャーや、“笑いをこらえきれない”現場でのお話を語ってもらいました。

後半では、現場でのさらなるエピソードから、兄弟役を演じたふたりの距離感、はたまた夏にしたいデートプランまで、盛りだくさんでお届けします!



出典:Nosh

Q:コミカルな作品に定評がある福田雄一監督ですが、どのような演出をつけられましたか?

吉沢亮(以下、吉沢):とにかく自由でした。

北乃きい(以下、北乃):そうですよね。俳優への要求がト書きに入っているので、それをやるだけ……といっても、すごく難しいんです! 毎回、宿題を出されているような感覚でした。NGとかもあまり出ないので、役者が試されている感じでした。

吉沢:福田さんの現場は、本当に毎回そんな気がします。コメディのシーンに関して言えば、「とりあえず福田さんを笑わせておけば大丈夫!」というところがあって。皆、福田さんを笑わせることしか考えていない状態でした。面白い現場ではありますけど、怖いですよ。

北乃:そう、怖いです。福田さんが笑ってくれなかったらどうしよう……って!



出典:Nosh

Q:今回、おふたりはご兄弟役ですが、演じてみていかがでしたか?

吉沢:いやあ、僕、お姉ちゃんとかがいないんでよくわからないんですけど(笑)。沖田は相当なお姉ちゃん好きですよね? こんな兄弟、本当にいるのかなって思います。

北乃:あ、でも私、弟がいるんですけど、こういう感じですよ!

吉沢:え、そうなんですか!? へえ〜! 年齢は近いんですか?

北乃:2歳なので、近いです。

吉沢:そうなんですね! 僕の周りは、そこまで仲がいい兄弟がいないんですよ。だから、想像できなかったので、沖田とミツバのように溺愛している兄弟関係は、むしろ恋愛に近い感覚だと思いました。だから、そのつもりでちょっとやっていました。



出典:Nosh

Q:恋愛というワードが出たのでちょっとお伺いしたいのですが、夏にしたいデートはありますか?

吉沢:僕は基本的に家から出ない人間なので、家でまったりしたいです。でも、夏のデートかぁ……。

北乃:実は、私も家で映画とか動画配信サイトとかをずっと観ちゃうタイプで、あまり外に出ないんですよ(笑)。出るとなると海外に行っちゃうので、極端なんです。あ、でも映画館には行きます!

吉沢:僕も映画館には行きます!



出典:Nosh

Q:では、映画館デートという感じですね?

吉沢:映画は割とひとりで観ちゃう(笑)。

北乃:私も、わかる(笑)。

吉沢:ああ、ありました! 僕、夜の海がすごく好きなんです。昼間は暑いし、人がいっぱいいるので苦手ですけど、夜の海は好きだから夜の海デートでどうでしょうか⁉

北乃:夜は波の音しか聞こえないから、何も見えないですけどね(笑)。私も車に乗ってひとりで夜の海に行くんですよ。だから良さはわかります!



出典:Nosh

Q:ロマンティックな夏デートですね、ありがとうございました。最後に、Nosh読者へメッセージをお願いします。

吉沢:『ミツバ篇』は劇場版『銀魂』のスピンオフオリジナルドラマという形ですけど、このエピソードだけで楽しんでいただけます。笑えるところも、泣けるところもあります。それぞれの人間らしさがすごく出ている作品なので、ぜひチェックしてみてください!

北乃:『銀魂』の中で、唯一切ないストーリーが入っている『ミツバ篇』です。切ないですけど『銀魂』ならではのユーモアあふれたストーリーにも仕上がっています。役者さんの新しい一面も見られる楽しさもありますので、夏の夜に、ぜひ観てください。(取材・文:赤山恭子、写真:編集部)

 

dTVオリジナルドラマ『銀魂-ミツバ篇-』は7月15日(土)より全3話一挙配信中です!

【関連記事】

※ 銀魂-ミツバ篇-「現場で笑いをこらえきれなかった」吉沢亮×北乃きい単独インタビュー

※ 小栗旬、最初からボケ倒し!「銀魂」爆笑の舞台挨拶

※ 「銀魂」ジャパンプレミアが開催!主要キャストが浴衣姿で登場、爆笑トークも

※ エリザベス「中の人」は山田孝之!姿見せずも声で登場

※ 花沢類の再来!? 逆モノマネを披露した小栗旬、吉沢亮の顔をベタ褒め!