@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

アストン マーティンDB11S 660馬力だけのモデルじゃない

アストン マーティンが、DB11のハイパフォーマンス仕様「DB11S」の開発を進めている。ローンチは2018年後半だ。

このモデルは、ベントレー・コンチネンタルGTスーパースポーツとマーケットを争うことを狙っており、DB11Sは最高出力660psを得る可能性がある。では、ライバルとの差別化は、どのように行われるのだろうか? くわしく見ていこう。


同じアストンの「ヴァンキッシュS」は、標準のヴァンキッシュに対して27psのパワーアップを果たしている。しかしDB11のターボチャージには、さらなる余力が残っていることから、DB11Sは30psから50psの出力向上が期待される。

DB11S、コーナリング性能向上

今回撮影されたテスト車両には、
・大型のフロントエアインテーク
・アグレッシブなフロントエンド
・スプリッターを採用したエアロパッケージ
・標準モデル(20インチ)よりも大径化されたホイール
が確認できる。


注目は、リアに丈の高い「フラップ」が搭載されていることだ。このことからパワーアップ一辺倒のモデルというよりも、コーナリングにフォーカスを当てている可能性が高い。

価格は、DB11比300万円アップ

さらに車高が低くされていることから、ローダウンされたハードなサスペンションを搭載していると考えられる。もちろん目的はコーナリング性能の向上だ。


DB11のV8モデルとV12モデルの価格差は、£13,000(188万円)だ。しかしAUTOCARの調査では、DB11とDB11Sのギャップは、£20,000(290万円)を超える可能性が高い。