シャーリーズ・セロンが衝撃的な過去を回顧

写真拡大

ハリウッドのトップ女優の仲間入りを果たし、長く第一線で活動してきたシャーリーズ・セロン(41)。しかし故郷南アフリカでの生活は悲惨で、アルコール依存症の父を母親が射殺するという悲劇も起きた。結局は正当防衛と認められたものの、この件が彼女の心に深い傷痕を残したことは言うまでもない。そのシャロンがこのほど取材に応じ、当時の暗い記憶を赤裸々に語った。

このほどシャーリーズ・セロンがハワード・スターンのインタビューに応じ、このように語った。

「こんなフリをしたの。あんなことは起こらなかったんだって…。」
「誰にも(母がアルコール依存症の父を射殺したなんて)言えなかったわ。言いたくなかったの。聞かれるたび『父は交通事故で他界したの』って答えたものよ。だって、私の家庭で起きたような話をしたい人なんている? いるわけがないわ。」
「それに、自分が犠牲者だって気がするのも嫌だった。だから何年も苦しんだあげく、セラピーを受けることにしたの。」

またシャーリーズ・セロンがセラピーを開始したのは、「20歳後半か30代前半になってから」とのこと。それを機にようやく父の死を受け入れられるようになったというが、事件が発生したのは1991年。シャーリーズはずいぶん長い間心に闇を抱え、苦しんでいたようだ。

ちなみにシャーリーズに何より影響を与えたのは、“母による父殺害”ではなく父のアルコール依存だったという。

「そう。子供時代に、アルコール依存症の人間がいる家で暮らしていたんだもの。何が起こるのかも分からぬ環境で目覚める日々だった。あの経験のほうが、大人になってからの生活には影響を与えているわね。」
「どんな一日が待っているのか。それは自分ではない人間(父親)次第だった。彼がお酒を飲むか否かにかかっていたの。」

そんな複雑な環境で育ち父の死後も苦しんだシャーリーズだが、彼女は“ある人物”に深く感謝しているそうだ。

「そう、素晴らしい母なの。私の人生にインスピレーションを与えてくれるわ。彼女の哲学はこうよ。『これは酷いことなの。そうなのだと認めなさい。そして選択をするの。こんなことであなたという人間が決まってしまうの? あなたは沈んでいくの? それとも泳ぐことを選ぶのかしら?』って。」

事件が発生した日、酒に酔い母を殴りシャーリーズのことも脅したという父。そして母は結婚するほど愛した男性を撃ち殺したが、そこに「娘を守りたい」という母の愛があったことは間違いない。なおシャーリーズは結婚はしておらず、男女ひとりずつ養子を迎え、愛情たっぷりに子育てに励んでいる。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)