“話題の日本人練習生”高田健太&April チェギョン「第2回安養青少年映画祭」広報大使に抜擢

写真拡大

「第2回安養(アニャン) 国際青少年映画祭」(執行委員長:リュ・フン) が、今年の“ムービーアティ”にApirlのチェギョンと「プロデュース101」シーズン2出身の高田健太を選定した。

ムービーアティは映画祭広報大使の名称で、親しい友達を古風に呼ぶ韓国語である“アティ”を活用して映画祭を宣伝し、“いつも一緒にいる私たちの親しい友達”という意味を込めている。

Aprilのチェギョンは、昨年4月に韓国で放送終了したMnet「プロデュース101」を通じて、明るくてポジティブな魅力で広く人気を受けた。その後プロジェクトグループC.I.V.AとI.B.Iで活躍し、現在はホットな新人ガールズグループApirlのメンバーとして、人気街道をまっしぐらに走っている。

高田健太もやはり、今年放送終了した「プロデュース101」シーズン2での唯一の日本人練習生で、優れた実力はもちろん、個性的な魅力を発散して注目をあびた。最近MBCドラマ「番人」のOST(劇中歌) にも参加し、自身の名を掲げた音源を発売した。

夢に向ける切実さで絶えず挑戦中であるチェギョンと高田健太のムービーアティの選定は、夢に向かって疾走している若者に「安養国際青少年映画祭」を知らせるのに大きな原動力になるだろう。

チェギョンと高田健太は、8月3日に韓国プレスセンター記者会見場にて開催される「第2回安養国際青少年映画祭」公式記者会見で委任状を授与され、映画祭を知らせる公式的な活動に乗り出す。

今年で2回目を迎える「安養国際青少年映画祭」は、9月7日から9月10日までの4日間にわたり、安養市一帯で開催される。