画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2017年秋の再アニメ化に期待が高まる時雨沢恵一&黒星紅白のコンビによる名作『キノの旅』、そして先頃コミック第1巻が発売された『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』。この2作品のマニアックなグッズが、グルーヴガレージより登場する。

『キノの旅』からは、キノが使用する愛銃《カノン》と《森の人》に注目した「【T.W.G.】カノン&キノ/森の人&キノ」。このアイテムのデフォルメ銃器部監修は、作者の時雨沢恵一氏が担当しており、《カノン》は右側のシリンダー前、銃身の下部分に弾丸を入れるための切り欠き、《森の人》は左利き仕様なので実銃とはセイフティー、マガジンキャッチなどが左右反転しているところまで細かく作り込まれている。そして、《カノン》《森の人》につくキノのアクリルチャームは、それぞれの銃を使用するシーンに合わせた服装で、デフォルメ作画はまどか零六氏が担当。価格は各1,600円(税別)となる。

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』からは2つアイテムがラインナップ。レン、ピト、フカ、エムによるG.G.O.最強チーム「チームL.P.F.M.Tシャツ」は、オリーブドラブのボディにキャラクターと各キャラ使用銃のシルエットとがデザインされており、価格は3,200円(税別)。

そして、「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン×OUTDOOR PRODUCTS オリジナルリュック」は、様々なサイズの銃弾が散りばめられた《銃弾迷彩》となっているが、作中に出てくる口径違いの銃弾をほぼ全種、実際の銃弾サイズに合わせてプリントされたマニアックなデザイン。主な弾丸の口径を挙げると、5.7mm×28mm(レンのピーちゃん)、40mmグレネード(フカの右太/左子)、7.62mm×39mm(ピトのKTR-09)、7.62mm×51mm(エムのM14-EBR)、9mm×18マカロフ弾(ターニャのPP-19ビゾン)など。

ベルクロベース付きのモールがリュック下部に配されたオリジナルデザインで、従来のデイパックよりも大容量の、W350mm×H450mm×マチ140mmとなっており、レンが使用するP-90(504mm)であれば収納可能なサイズとなっている!? 価格は12,000円(税別)。

これらのアイテムは、ネット通販サイトおよびアニメショップにて予約受付中となっており、発売は2017年10月の予定。なお、電撃文庫秋の祭典にて、数量限定の先行販売が行われる予定となっている。

(C)2017時雨沢恵一

(C)2015 時雨沢惠一/川原 礫