仙台市長選、直ちに国政に影響を与えると思ってない=菅官房長官

写真拡大

[東京 24日 ロイター] - 菅義偉官房長官は24日午前の会見で、23日に投開票された仙台市長選で自民、公明が推した候補が野党系の候補に敗れたことについて「直ちに国政に影響を与えるとは思っていない」との認識を示した。

仙台市長選の結果について菅官房長官は「地方選挙は地方それぞれの問題があり、有権者がそうしたなかで選択した結果だ」と指摘する一方で、与党系候補が敗北したことは「大変残念だ」と述べた。

内閣支持率の低下傾向が続いていることについては「国民の声として謙虚にしっかりと受け止めていきたい。諸課題の一つ一つを前に進め、結果を出すことで国民の信頼を回復していきたい」と語った。

(石田仁志)