加藤シゲアキ、亀梨和也演じる阿久悠の相棒役に挑戦「発見がすごく多かった」

写真拡大

NEWSの加藤シゲアキが、8月26日(土)から27日(日)にかけて放送される日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜』内のドラマ企画『24時間テレビ40ドラマスペシャル「時代をつくった男 阿久悠物語」』に出演することが決定。亀梨和也演じる阿久悠とともに多くの楽曲を作ってきた都倉俊一を演じることがわかった。

出演が決まった加藤は「阿久悠さんと一緒にたくさんの曲をつくり出した名作曲家の都倉俊一さんを演じさせていただきます。若いうちに作曲家デビューされて数多くのヒット曲を残されている方を演じさせていただくのはとても光栄です」と喜びを明かす。また、「阿久悠さんにとって都倉俊一さんがどういう存在で、どんな関係性の中で、一緒に曲をつくってきたのか。新しい時代をつくる中での喜びと不安。僕らは表に出る側なので、プロデューサー側というか、曲を作る裏側を演じさせていただくのは、いちタレントとしても発見がすごく多かったです」とコメント。「このドラマは阿久悠さんのドラマでありますが、阿久悠さんと一緒に時代をつくり、たくさんの名曲、昭和の歌謡曲をつくってきた人たちのドラマでもあります。このドラマをご覧いただき、皆様ご存知の昭和の名曲たちが、より深く感じていただけると嬉しいです」とメッセージを送った。

一方の亀梨は「シゲの持っている雰囲気みたいなものが都倉俊一さんにピッタリはまるなあと思いました」とキャスティングについて感想を語り、「すごく自然な空気感の中で演技させていただきました。阿久さんと都倉さんの関係性は、互いに尊敬する間柄でも、阿久さんには(都倉さんを)かわいがっている部分もあったのではないかと思っています。そういった芝居の距離感というのが、自分とシゲだからこそ、スムーズに出せたのは良かったと思います」と撮影を振り返った。

加藤のほか、田中圭、和田正人、八嶋智人ら実力派キャストの出演することも併せて発表された。