フェリシティ・ジョーンズ 写真:Best Image/アフロ

写真拡大

 「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたフェリシティ・ジョーンズが、新作映画「On the Basis of Sex(原題)」で実在の米最高裁判所判事を演じることが決定した。米Deadlineが報じている。

 同作は、1993年に最高裁判所で2人目の女性判事となったルース・ギンズバーグを題材とした伝記映画。男女平等を求め、さまざまな障害に立ち向かったギンズバーグのキャリアを描く。メガホンをとるのは、「ペイ・フォワード 可能の王国」のミミ・レダー監督。ダニエル・スティープルマンが執筆した脚本は、2014年版「ブラックリスト」(未製作の優秀脚本リスト)に選出された。製作はフォーカス・フィーチャーズとパーティシパント・メディアが手がける。

 「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」でヒロインのジン・アーソを演じたジョーンズは、バレエ「白鳥の湖」を題材とした「Swan Lake(原題)」にも出演予定。こちらはルカ・グァダニーノ(「胸騒ぎのシチリア」)がメガホンをとる。