アイアンマンやハルク、キャプテン・アメリカにガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、アントマン、スパイダーマンなどマーベル・コミックに登場するヒーローたちが同一の世界観でクロスオーバーするマーベル・シネマティック・ユニバース作品のひとつであり、アベンジャーズに登場するソーが主人公となる「マイティ・ソー」シリーズの3作目「Thor:Ragnarok(邦題は『マイティ・ソー バトルロイヤル』)」の予告編ムービーが公開されました。

"Thor: Ragnarok" Official Trailer - YouTube

予告編の冒頭では、ソーが「前にお前と会ってから色々なことがあったよ。ハンマーを失ったことは昨日のことのようによく覚えているよ。それから俺は自分を探す旅に出たんだ」と、誰かに語りかけるシーンからスタート。



この言葉通り、ソーの武器であるハンマー「ムジョルニア」が粉々に砕かれ……





ソーも吹き飛ばされて……





遠い宇宙の彼方にある惑星サカールで物語は進行します。



武器を持った現住民に捕獲されるソー。





そして連れてこられたのは闘技場。



アーマーを装着して戦いに挑むソーの前に現れたのは……



完全武装したハルク。



場面は変わって空に浮かぶ不気味な竜巻のようなものを見つめるソーとハルクの人間時の姿であるブルース・バーナー博士。



バーナー博士は普通のスーツを着用しており、神様や超人だらけの同作品の中ではかなり浮いた存在に見えます。



再び場面が変わり、円盤型の飛行船が発進。



向かう先は不気味な竜巻の中心部。



怪しく輝く緑色のマントがひらめき……



その背後には無数の死体が横たわります。



この女性が今作の悪役であるヘラ



ヘラはどうやらアスガードの神々とかつて激しい戦いを繰り広げた存在である模様。







再び場面は戻り、闘技場でソーとハルクが戦います。



ハルクの強力な一撃を食らい……



アスガードでもナンバーワンの怪力を誇るソーもたまらず吹っ飛ばされてしまいます。





たったひとりで神々に立ち向かうヘラ。



他の場面でも大人数を前にひとりで立ちはだかるヘラが映し出されています。







そのヘラが武器を手にした瞬間……



強烈な爆発が画面を覆います。





無数の剣を従えるヘラはまさに悪神といった見た目。



ヘラの登場により邪悪な気配が街を覆っていきます。



一方、ソーの方はというと、弟のロキと再会。



そして共闘し、なんとビーム砲で敵を次々となぎ倒していきます。





ハルクは巨大なオオカミと雄叫び対決からの……





一騎打ち。



ソーの味方として登場するバルキリーの姿も。





もちろんソーVSヘラもあります。





さらに、戦いは異次元の領域へ。





ハルク・ソー・バルキリー・ロキの4人が並び……



目の前にはラスボス然としたヘラ。



雷が走り……



稲妻を身にまとうソー





「Thor:Ragnarok」



予告編の最後にはソーとハルクの会話シーンが登場。



さらにはハルクが燃えさかる火の巨人と戦うシーンも一瞬だけ映し出されます。



なお、予告編の公開と同時に「マイティ・ソー バトルロイヤル」の新ポスターも公開されており、こちらも要チェックです。

Check out the new #ThorRagnarok #SDCC poster that just debuted in Hall H! Marvel Entertainmentさん(@marvel)がシェアした投稿 - 2017 7月 22 6:40午後 PDT