オースティン・マホーン、ブルゾンちえみ、桑田佳祐(画像は『ブルゾンちえみ 2017年7月23日付オフィシャルブログ「MUSIC STATION そして Austin」』のスクリーンショット)

写真拡大

ブルゾンちえみが7月21日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、オースティン・マホーンと彼のヒット曲『Dirty Work』をコラボした。チョイ役ではなく“ブルゾンちえみ&オースティン・マホーン”による『Dirty Work Blouson Chiemi Remix Mステ ver.』とクレジットされた本格的なパフォーマンスである。その興奮が落ち着いた彼女は23日、『ブルゾンちえみオフィシャルブログ「〜What's up?セレブリティーズ〜」』にて初の『Mステ』出演を振り返った。

【この記事の他の写真を見る】

いつもテレビで見ていた憧れの番組への出演、さらにオースティン・マホーンとの共演とあってテンションは上がっているはずだった。しかし事前練習のため久々に会ったオースティンから「Are you nervous?」と言われ緊張している自分に気づいたという。オースティンと彼のマネージャーであるマイクさんはそんな彼女を「ただ楽しんで! 楽しむことが大事!」と励ましてくれた。

当日はリハーサルから本番直前まで「楽しんでる?」と気遣ってくれるオースティンのことを「彼はほんとに心が澄んでると思う。シンプルにわかりやすく言うと“性格いい”」というブルゾンちえみ。花までプレゼントしてもらい「カワ格好いいことをするよねー」とずいぶん緊張もほぐれたらしい。本番を終えると、彼女のマネージャーやマイクさんが「何回もやったリハーサルよりも、本番が一番よかった! 楽しんでた!」と言ってくれたそうだ。

この日は桑田佳祐がトリで『オアシスと果樹園』と『若い広場』を披露した。有村架純がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『ひよっこ』の主題歌『若い広場』では、ブルゾンちえみが登場して桑田に寄り添う場面もあった。

舞台裏ではその桑田佳祐とオースティン・マホーンにブルゾンちえみが挟まれ、まるで“ブルゾンちえみ with〇〇”のようなスリーショットが実現した。オースティンも『Austin Mahone(AustinMahone)ツイッター』でそのレアショットとともに「Thank you for today! Always have the best time out in Japan」とつぶやいて、海外のフォロワーから反響を呼んでいる。

画像は『ブルゾンちえみ 2017年7月23日付オフィシャルブログ「MUSIC STATION そして Austin」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)