漫画家の松本ひで吉(@hidekiccan)さんがTwitterで公開している漫画、『犬と猫どっちも飼ってると、毎日たのしい』シリーズ。

天真爛漫な犬とツンデレな猫との日々を描き、人気を博しています。

そして公開された最新作は、飼い主さんの『トイレタイム』をテーマにした話。

そっとしておいて欲しいけど…?

心が男子小学生という、松本さんの犬。『うんこ』や『おしっこ』でテンションが上がるのか、松本さんがトイレで用を足していると…。

トイレであろうと、犬にとっては関係ありません!

「何やってるの?」「うんこ?おしっこ?」と大興奮するものの、最後には外に放り出されてしまう犬。その姿は、本当に男子小学生のようですね。

すると次は、騒ぎに気付いた猫が登場。

よく分からないが、深く傷つく…。

ただ用を足しているだけなのに、なぜか心に傷を負ってしまった松本さんなのでした。

松本ひで吉さんの作品はコチラからどうぞ!

松本ひで吉 『犬と猫どっちも飼ってると』シリーズ

講談社の少女漫画誌『なかよし』では、松本ひで吉さんの最新作『ねこ色保健室』が好評連載中です! 試し読みもできるので、ぜひご覧になってみてください。

[文・構成/grape編集部]