JR九州ホテルズとオリオンビールは、「JR九州ホテル ブラッサム那覇」を6月24日、沖縄県那覇市の国際通り近くに開業した。

デザインコンセプトは「光・標(しるべ)」で、夜にはホテル全体をライトアップしている。建物は13階建て、客室数は218室で、スタンダードツイン・ダブルのほか、那覇の景色が望めるビューバスを備えたプレミアムツイン、広々としたデラックスツイン・ダブルを用意した。

最上階にはライブラリーやリラクゼーションサロンを設けたほか、館内には様々な工芸品を展示。那覇のやきもの通りの壷屋を代表する「育陶園」のものを選んでいる。最大48名の利用ができるミーティングルームも備えた。

ホテル内には那覇初出店となる東京発のステーキハウス「37 Steakhouse & Bar」も併設しており、人気が高い熟成肉のほか、料理長こだわりの沖縄琉球ロイヤルポークや地元野菜をオリオンビールとともに提供する。朝食は安室養鶏場の新鮮な卵を使用したオムレツや特製ドレッシング、タンカンや紅芋などの珍しい手作りジャムを、焼き立てのパンと一緒に楽しめるバイキングを用意した。

アクセスはゆいれーる美栄橋駅から徒歩5分、那覇空港から車で20分。112台を収容できる専用駐車場もある。

⇒詳細はこちら