黒木メイサが「産後1カ月」でもスレンダーな2つの理由

写真拡大

 6月7日に第2子となる長男を出産したばかりの黒木メイサ。7月4日に都内の高級スーパーで買い物をする姿を「女性自身」がキャッチ、その姿が産後1カ月とは思えないほどスレンダーだったという。

「黒木がスリムな体型を維持しているのは普段の食生活に気をつけているから。結婚前はほとんど料理をしなかったそうですが、妊娠してからはお腹の子供のこともあり、自分で料理を作るようになったようです。ゴーヤチャンプルや、モズクの酢の物といった沖縄の食べ物が得意なのだとか」(芸能記者)

 食生活のほかに、黒木のスレンダーボディにはもう一つ秘訣がある。

「彼女はAyaというトレーナーの元に通い、トレーニングをしています。Ayaは土屋太鳳、道端アンジェリカ、米倉涼子らのボディメイクを指導しており、芸能人御用達のトレーナーです。業界でも信頼の厚い人物で、黒木は以前から彼女の指導の下でかなりハードなトレーニングをしており、そのおかげで産後の体型もすぐに取り戻せたのでは」(前出・芸能記者)

 実際、妊娠が明らかになる前のツイッターでは「バックスクワット?これキツイ」「久々のクロスフィットはキツかった」など、トレーニングの様子を写真と共にアップしている。

「黒木は根っからのトレーニング好き。結婚前にユニクロのイベントに出演した時には『体を動かすのが好きなので、移動の車にダンベルも積んであるんです』と話していました」(スポーツ紙記者)

 彼女がここまでストイックにボディメイクに勤しむのは、ある理由があるという。

「黒木は今月14日に中国で公開された映画『青禾男高(チンヒョウナンコウ)』に出演しており、国内での復帰に向けて日々励んでいるというわけです」(前出・スポーツ紙記者)

 画面に登場する日もそう遠くなさそうだ。