『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』シーズン8

写真拡大

お調子者のミステリー作家と堅物な美人刑事がコンビを組み、数々の難事件を解決していく人気の犯罪捜査ドラマ『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』。その最終章となるシーズン8の二ヶ国語版が、9月22日(金)よりFOXにてスタートする。

長年付かず離れずの関係だったが、ついに結ばれたキャッスルとケイト。昇進の話も持ち上がり、ベケットはニューヨーク市警署長に、キャッスルは私立探偵として独立と、新たな門出を迎えるが...。

出演はおなじみのネイサン・フィリオンとスタナ・カティックのほか、モリー・C・クイン、スーザン・サリヴァン、ジョン・ウエルタス、シーマス・デヴァー、タマラ・ジョーンズなど。このファイナル・シーズンでは、ロンドン警視庁出身の刑事ヘイリーという新キャラクターも登場。演じるのは『LAW & ORDER ロー&オーダー』『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』のトックス・オラグンドイ。

ついにクライマックスを迎える本シーズンだが、ケイト役のスタナは自身のTwitterに「ファンのシリーズに対する愛のおかげで、思い出深い8シーズンを続けてこられました。感謝の気持ちを忘れないわ」という手書きのメッセージを写した画像を投稿し、作品への想いを吐露。キャッスル役のネイサンも、「どんなことも終わりを迎えるものだ。『キャッスル』でみんなと働けたことは光栄だった。僕たちが成し遂げたことを誇りに思っているし、全てに感謝しているよ」とコメントしていた。

8年間の集大成となる『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』ファイナル・シーズンの二ヶ国語版は、9月22日(金)22:00よりFOXにて放送。(海外ドラマNAVI)