今秋に正式公開される『iOS 11』では、『ARKit』によって拡張現実(AR)アプリの開発に必要な労力が減ります。そのためか、様々なARアプリがすでに開発中です。

今回ご紹介するARKitの事例は、部屋の広さを測れるアプリ・道案内アプリ・家具レイアウトアプリです。

こちらもご覧ください。
【iOS 11解説】『ARKit』で何が変わる? これまでと何が違う?

ARで部屋の広さを測れるアプリ

部屋の隅をタップしていくと、その部屋の面積を測れます。

ARで目的地まで道案内するアプリ

目的地を設定すると、現在地からの道順をARで表示します。歩きながら使うのは危険ですが、道順が分かりやすいです。

ARで家具の配置を試せるアプリ

家具を選んで、部屋の中にARで配置できます。サイズ調整も可能。AR用マーカーを置かなくても、様々な角度からレイアウトを確かめられます。

iOS 11のARKitを使って開発されたアプリなので、使えるのはiOS 11とARKitの両方に対応した『iPhone 6s』・『iPhone 6s』以降のiPhoneと『iPhone SE』に限られます。

これらのアプリがいつ正式公開されるのかは不明ですが、iOS 11の正式リリース後にはARKitを活用した様々なアプリが公開されるでしょう。

参考

ARKit Roundup: Turn-by-Turn Directions, Precise Room Measurements, and Pac-Man - Mac RumorsMade With ARKit