逆転でツアー初優勝を挙げたマレー(撮影:GettyImages)

写真拡大

<バーバゾル選手権 最終日◇23日◇RTJトレイル(7,302ヤード・パー71)>
米国男子ツアー「バーバゾル選手権」の最終日。首位と1打差の2位から出た23歳のグレイソン・マレー(米国)が“68”をマーク。スコアを3つ伸ばしトータル21アンダーで逆転、うれしいツアー初優勝を挙げた。
全英オープンを特選フォトギャラリーでプレーバック
マレーは前半で1つスコアを伸ばすと、後半は13番パー5でイーグルを奪取。14番ではボギーを叩いたが、終盤の17番パー5でバーディを奪取。混戦から一歩抜け出し栄冠を手にした。
1打差の2位にはチャド・コリンズ(米国)、2打差の3位タイにはブライアン・ゲイ(米国)とタグ・リディングス(米国)、スコット・スターリングス(米国)の3選手が入った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、全英オープンのプレー詳細は「一打速報」で
全英オープンの最終結果をリーダーボードでチェック
「なんて信じられないカムバックだ」睡眠障害治療中のウッズがスピースを祝福
劇的Vのスピース、語り継がれる“練習場ショット”はこうして生まれた
1打目OBで消えたメジャーの夢 松山英樹「切り替えができなかった」