「無礼だ」と非難されたミランCEO 念願のストライカー獲得へ“沈黙”を宣言

写真拡大

大型補強のミランだがストライカー獲得は失敗続き

 ACミランは今夏の移籍市場で、周囲を驚かせる大型補強を展開。

 22日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップのバイエルン戦に4-0と勝利するなど、暗黒時代からの脱却を予感させているが、強化責任者は大物ストライカー獲得失敗の教訓を学んだようだ。イタリアサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じている。

 今年4月に中国人オーナーが誕生したミランは、今夏の主役と呼ぶべきチーム刷新を推し進め、ユベントスからイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチを獲得するなど次々と実力者を迎えて入れているが、画竜点睛を欠く状況だ。

「我々には重要な10日間、重要な2試合がこれから待っている」

 現地時間28日と8月4日に行われるUEFAヨーロッパリーグ予選の重要性を語ったマルコ・ファッソーネCEOだが、これまではメディアを通じて補強戦略を明かしてきたが、突如として方向転換した。

「カリニッチ? 他チームの選手の名前を二度と言わない。我々は重要なことを成し遂げるが、静けさも重要だ」

獲得失敗を続けるわけにはいかないが…

 ファッソーネ氏はFWの補強として、スペイン代表FWアルバロ・モラタ、ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、トリノFWアンドレア・ベロッティの名前を挙げていた。

 だが、モラタはレアル・マドリードからチェルシーへの移籍が決定。オーバメヤンに関しては、ファッソーネ発言にドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが「無礼だろう!」と非難。トリノにはベロッティ獲得でタンパリングを行った疑惑を持たれ、逆鱗に触れた。

 プランBとしてフィオレンティーナのクロアチア代表FWニコラ・カリニッチの名前が浮上しているが、ストライカー獲得失敗を重ねるわけにはいかないなかで、沈黙は吉と出るのか。ミランのストライカー獲得交渉の行方に、注目が集まっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images