韓国の金寅敬=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】米女子ゴルフのマラソン・クラシックは24日(日本時間)、オハイオ州シルバニアのハイランドメドーズGC(パー71)で最終の第4ラウンドが行われ、韓国の金寅敬(キム・インギョン)が8バーディーの63とスコアを伸ばし、通算21アンダーの263で優勝した。2位のレキシー・トンプソン(米国)とは4打差だった。

 先月のショップライト・クラシックで優勝しており、シーズン2勝目。米女子ツアー通算6勝目となる。今大会の優勝賞金は24万ドル(約2670万円)。
 21アンダーは同大会2番目の記録。最多アンダー(23)は1998年に朴セリが記録している。
csi@yna.co.kr