パリ・サンジェルマン(PSG)への移籍が連日騒がれているバルセロナのネイマール。すでに父親が新天地と合意したとの声もあるが、チームメートのジェラール・ピケが23日に気になるツイートをしている。

ネイマールを狙うPSGは、2億2200万ユーロ(約285億2000万円)という巨額の違約金を支払う用意があると言われる。昨年、ユヴェントスからマンチェスター・ユナイテッドに移籍したポール・ポグバの移籍金を大幅に上回るサッカー史上最高額移籍が実現するかが注目されているところだ。

バルセロナはジョゼップ・マリア・バルトメウ会長らをはじめ、首脳陣がネイマールの残留を強調していた。だが、PSGが契約解除金を払えば、ネイマール自身が移籍を拒まない限り、バルセロナに引き留める術はない。

それでも、バルセロナのチームメートたちは、ネイマールに「バルサがベスト」と残留を説得していると言われていた。それが奏功したのだろうか。23日、ピケはネイマールとの2ショット写真を掲載し、「彼は残る」とツイートしたのだ。


次々にリツイートといいねを集めているこのピケのツイート。たった一言のシンプルなメッセージは、ネイマールの「残留宣言」となるのだろうか。