丸山智己、ドラマ『コード・ブルー』出演決定!「こんなにポジティブな役を演じることは初めて」

写真拡大

 俳優の丸山智己が放送中のテレビドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ)に出演することが決定した。

 丸山が演じるのはこだわりをもった頑固な料理人、緒方博嗣。山中を流れる渓流で釣りをしていたところ負傷し、救命救急に運ばれるところから物語は始まる。3話で救命救急に登場して以来、救命センターの医師たちやナースたちと交流を深めていくという役どころだ。過酷な現実に向き合い、どん底にあっても明るさを失わない緒方の姿は周りにも影響をもたらし、今までのシーズンにはなかったストーリーが展開されるという。

 出演依頼の話を聞いたときは「『やったー!』という感じでした。ずっと見ていた好きな作品に出られるということでうれしかったです」と素直な喜びを言葉にした丸山。自身が演じる“緒方博嗣”という役については「今までで自分がこんなにポジティブな役を演じることは初めてだと思います。ただ彼の抱えているものをきっちり踏まえて演じていかないと観ている方にも伝わらないと思うのでそのあたりをしっかり演じたいと思います」と語り、「生きることの意味、仕事に対する思いなど大きなテーマが根底にあります。ぜひ毎話、楽しみにしていただきたいと思います」と視聴者にメッセージを送っている。

 テレビドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ)の第2話は本日(24日)21時から放送される(なお、第2話は15分拡大)。丸山が登場する第3話は31日放送だ。