ぶつかり合うのは、似ているから

似ているからぶつかる、親子ってそういうものですよね

(文・曽田 照子)