<ラムボー・ゴーラット・河野>5回TKO勝ちした河野(左)

写真拡大

 ◇ノンタイトル8回戦 ○河野公平 5回1分35秒TKO ラムボー・ゴーラットスポーツスクール●(2017年7月23日 大田区総合体育館)

 元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平(36=ワタナベ)が再起戦を飾った。

 タイ選手を相手に4回終了間際に連打でダウンを奪うと5回1分35秒に左フック一撃でTKO勝ちし「次につながる」と次戦を見据えた。昨年末にWBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥に挑んでTKO負け。一時は引退も考えたが、10月に香港でWBO同級1位レックス・ツォー(中国)との対戦が内定し、「ボクシングをやる時しか血管が沸騰することはない」と現役続行を決意。ツォーを撃破した先に3度目の世界王座への道のりが待っている。