実はしけやすさが違う、パスタとそうめん。同じように保存してない?

写真拡大

夏休みが始まると、ランチ用にどっかりストックしがちなパスタやそうめんなどの乾麺。実はこの2つ、しけやすさが違うこと、ご存じですか? 毎回一袋使いきれればいいけれど、少人数だから使いかけのまま旅行や帰省、というのはありがちなパターン。そのあいだにも正しく保存できていなければ、カビたり、おいしさがダウンしたり。

【写真を見る】しけにくいパスタは2lペットボトルへ移し替えて

そうならないための保存法を家事代行サービスCaSy(カジー)のプロ・隈河(くまかわ)綾子さんに教えてもらいました。

■ 【乾麺は保存容器を使い分け】

乾麺には、しけやすいものとしけにくいものがあります。チャックがない袋入りのものは、ラップ&保存用密閉グッズを駆使して冷暗所で保存を。開封後はなるべく早く食べ切って。

■しけにくいパスタ

乾麺の中でもしけにくいパスタは、2lのペットボトルなど密閉できる容器に移し替え、ガス台の下などに保存を。移し替えることで立てる収納が可能に!

■しけやすいそうめん

しけやすいそうめんは、二重の湿気対策を。袋の開封口にラップをグルッと巻いてから上部をペタリと折り、さらに保存用密閉袋へ。湿気の少ない上のほうの棚で保存。

ゆでようと出したら、なんとなく麺がモロモロ……、表面にポツポツが……という経験があったら、正しく保存できていなかった証拠! まだまだ湿気の気になる今だからこそ、正しく衛生的な保存を心がけましょう。