画像提供:マイナビニュース

写真拡大

フリースタイルラッパーのDOTAMAが、錦戸亮主演の日本テレビ系ドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(毎週土曜22:00〜)の29日放送の第4話に、本人役で出演することが決まった。

職場で足を引っ張りまくるお荷物社員・小林司(錦戸亮)が、会社を辞めようとした時に妻・沙也加(松岡茉優)の妊娠が発覚し、夫婦二人三脚で乗り越えていく姿を描く同作。第4話で司は、テレビ局の夏のイベントのメインステージの合間の小さな企画である「ラップバトル」を任され、上司の土方(佐藤隆太)から"隙間責任者"とからかわれることになる。

そこで、東京・汐留の同局で行われている夏イベント「超☆汐留パラダイス」の会場でドラマの収録を行い、DOTAMAは、共演のイモトアヤコらとラップバトルを展開。イモトのラップ部分の歌詞も考えたというDOTAMAは「楽しかったです。全力でやらせていただきました。ただ、いつも人の悪口を言う度に罪悪感がありまして…イモトさんたちにヒドイことをしたなと(笑)」と感想を語った。

一方、「これまでラップをやったことはなかったので、やると聞いた時は不安でした」といい、実質2日の集中練習でバトルに臨んだイモトは「本番はステージの上で、たくさんの人の前でやったので、とても緊張しました。手も足も震えて…でも、いい形で"緊張感"をお芝居に取り入れて、表現できたと思います」と感想。「DOTAMAさんが考えてくださった歌詞がとても良くて、撮影を終えた今でも頭から離れず、たまに口ずさんでしまいます」と、すっかりお気に入りのようだ。

また、そんなイモトにDOTAMAは「素晴らしかったです。バッチリでした。長いラップの後にすぐお芝居もキッチリとされてて、さすがだなと思いました」と絶賛。「僕もこのドラマを拝見していて、すごく心温まる素敵な作品だなと思っていたので、あえてドギツめに皆さんの歌詞を書きました。自分も思いっきり憎まれ役をやったので、こいつマジむかつくな、と思って見ていただければうれしいです」と、見どころを話している。

なお、DOTAMAがオリジナルラップでドラマを告知した動画が、きょう24日8時から、「日テレ公式チャンネルYouTube」で配信される。