大型音楽アリーナ完成予想図

写真拡大

【大型音楽アリーナ/モデルプレス=7月24日】神奈川県・横浜市に約1万人を収容する大型音楽アリーナが2020年春に開業されることがこのほど発表された。最初に同会場でライブをする“こけら落としのアーティストが誰になるか?”という予想が現在SNS上で白熱中だ。

【さらに写真を見る】アリーナ完成予想図は

新しく建設される会場は、みなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩7分、JR桜木町駅から徒歩9分に建設される予定。

◆こけら落としは横浜に縁のあるアーティスト?


こけら落とし予想には、横浜出身のゆずや小田和正をあげる声や、話題のアーティストで神奈川出身者を中心に結成されたSuchmos(サチモス)をあげ「こけら落としは是非Suchmosで!」「20年にはSuchmosはもっと認知度があがっていると思うのでふさわしそう」、また、「横浜や神奈川とか縁の人でフェス希望。RADWIMPS、サザン、SHISHAMOとか」などの意見も。

さらに現在は“放牧中”だが、神奈川にちなんでいきものがかりの復活を望む声もあった。

また、人気アーティストの「嵐で!!!!」「カラフルに盛り上げるからももクロ(ももいろクローバーZ)がいいな〜」「やっぱ乃木坂&欅。チケットの倍率が激しそうだけど」「B'zは過去に横浜国際総合競技場(現在・日産スタジアム)のこけら落としをしてるから、今回もどうですか」「MAKIDAIさんとか横浜出身だからLDHで盛り上げてきましょう!」「横浜に縁があるでんぱ(でんぱ組.inc)!」「X JAPANでお願い致します」など様々なアーティストを予想する声があがっている。

音楽ライブなどの市場規模は成長している一方、2020年に開催される東京五輪を控えて会場不足が社会問題化している中での新アリーナの建設。どのアーティストで幕を開けるのか3年後を楽しみにしたい。(modelpress編集部)

◆概要


建設予定地:神奈川県横浜市西区みなとみらい
敷地面積:12,000
建物規模:地下1階 地上4階
収容客数:約10,000人(着席時)
開業時期:2020 年春(予定)

【Not Sponsored 記事】