<全英オープン 最終日◇23日◇ロイヤルバークデール(7,156ヤード・パー70)>
わずかに残されていたメジャー制覇の夢は、1番ホールの1打目ではかなく消えた。最終日を首位と7打差のトータル4アンダー5位でスタートした松山英樹は、1番でティショットをOBとしてトリプルボギーを叩くなど“72”でスコアを2つ落とし、トータル2アンダー14位タイで4日間を終えた。最後まで追い続けたメジャー制覇の夢は今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」へ持ち越しとなった。
【フォトギャラリー】本日は晴天ナリ!快晴となった3日目はビッグスコア連発
スタートコールを受けて、3番ウッドを握ったティショット。「初日も同じ風が吹いていたし、難しいというか。1番のティショットは気を遣う感じだったが、やっぱりうまくいかなかった」と緊張感の中で強振したが、ボールは右に大きく曲がり林の中に消えた。
打ち直しの3打目はフェアウェイに置くも、4打目はグリーン手前バンカー。寄せきれず痛恨のトリプルボギーとした。「ボギーとかダボでおさまっていたら、もう少し気持ち的にも気合いを入れ直してという感じはあったが、トリプルボギーにしてしまい、なんていうのか、うまく切り替えることができなかった…」。
それでも「ジョーダン(スピース)がバタバタしていたし、早めにパープレーに戻せば、ロングも2つあるしと思っていた」。何とか気持ちを持ち直して懸命にパーを拾い続けると、8番パー4で約5メートルを決めてバーディを奪った。しかし、11番パー4、12番パー3と連続ボギーを叩いて再失速。終盤は2つのパー5でバーディを奪うも、スピースどころか優勝争いの圏内も見えずに4日間の戦いを終えた。
「今の中のベストは尽くしたつもりなので、これをしっかり次に生かしていきたいと思う」。最後はそう絞り出すのがやっとだった。休む間もなく1か月後には「全米プロゴルフ選手権」が控える。「キッカケがつかめそうだったのが、またなくなってしまったので、次何をしなくてはいけないのかをまたしっかり考えてやっていきたいと思う」。足りないものは技術か、勝負強さか。悔しさはまた新たな飛躍の糧とする。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、全英オープンのプレー詳細を「一打速報」で振り返る
全英オープンの最終結果をリーダーボードでチェック
激闘を制したジョーダン・スピースがメジャー3勝目、松山英樹は14位
マッチレースに敗れたマット・クーチャー「悔しい、嬉しい、でも辛い」
“ゴルフの科学者”デシャンボーを支える ボールの「均一性」